Cheese

Bordeaux after Lockdown – ロックダウン後のフランスボルドー:コロナと共に生きる

やっと、フランスとイギリスの間の行き来も当面は自由に!その公式発表があったのは、予約していたフランスボルドー行き航空チケット搭乗予定日6日前。行くべきかどうか?悩みに悩んだ末、予定通り、フランスボルドー地方で丸1週間、過ごしてきました。実は、昨年も同じ時期にこの地域で過ごしました。なぜまた、こんなご時世にわざわざ同じ地域へ?理由を簡潔にまとめれば・・・ フランスでもトップのワイン生産地ゆえ、この地を原産とするチーズは皆無(これはフランスでは本当に稀)。ご当地チーズがあるとどうしても、気持ちはチーズへ向いてしまう性分なので、バケーションという意味では理想の目的地 12〜15世紀はイングランド支配だった名残(??)と、ワイン貿易が経済の中心であるため、英語が通じやすく、フランス語が全くダメな人間にとってはリラックス度が高い この時期は、確実に暑く、太陽が眩しい。ビーチもあり、日本レベルの暑い夏を楽しむことができる上、朝夕は確実に涼しく過ごしやすい ボルドーワインといえば、フランスでも生産量はトップ。現地へ行けば、見渡す限り、葡萄畑。雄大でシンプルな景色は一日眺めていても飽きることなく、自然の恵みに心の底から感謝したくなる。心の洗濯には理想的な環境 フランス語カタコトのイギリス人(つまり我夫 )、中学1年生の娘、小学4年生の息子とフランス語ゼロの日本人女性のロックダウン解除直後のフランスボルドー滞在。日本に簡単には帰省できない今、ヨーロッパ旅行へ出るべきかどうか悩んでいる在英日本人の皆様の参考になれば幸いです。この異常な世界状況の中で、ヨーロッパ旅行をお勧めするためのものでは決してありません。あくまでも参考までに。詳細次ページ。

Broad Beans and Ewes Milk Cheese – 空豆と羊乳チーズ

日本では春、イギリスでは初夏(6月下旬〜7月上旬)に旬を迎える、おいしいお野菜、そら豆(英語ではBroad Beans)。イギリスでもそら豆がたくさん生産されているということは、まだまだ知られざる「おいしいイギリス」的事実。日本(アジア)のお野菜と思っていらっしゃる方々もいらっしゃるくらいに、日本人大好きなお野菜。実は、イギリスの地方には、そら豆畑がたくさん(笑)。かつては、子連れでそら豆狩りに出かけていました。そして、そら豆畑へ行くと、必ずお見かけするのが、イタリア人グループ。そうそう、イタリアのお方もそら豆が大好き。そして、この方たちは生で召し上がられる!!畑で採ったそら豆をその場でサヤから出して、パクリとお口へ!初めて見た時はびっくり。真似してみましたが、「??????」となった良き思い出もあります。そう、イタリアのそら豆は小振りで生で食べても美味しいらしいのです。そして、イタリアでのそら豆にペコリーノチーズ(イタリアの羊乳チーズ)を削りかけて食すというのは、すでに日本ではよく知られたチーズ豆知識。実は、イギリスにも羊乳チーズはたくさん(詳細はこちら)。というわけで、イギリスチーズとイギリス産そら豆で、イタリア風にチーズをシンプルに楽しむアイディアのご紹介。ビールやキリッとした冷えた白ワインのおともに(次ページ)どうぞ!

Dorstone and Gooseberry Elederflower Jam – 山羊乳チーズとグーズベリージャム

先日の国境を越えたオンライン Zoom イギリスチーズ会(詳細はこちら)でご紹介した、イギリス山羊乳チーズ (Dorstone)とグーズベリーエルダーフラワージャム(上の写真)。このペアリングは、昨年の秋、イギリスのチーズ専門店のスタッフの方に教えていただいたもの。グーズベリー特有の酸味とジャムの甘味。さらにはエルダーフラワーからくるハーブのニュアンスは、酸味とフレッシュ感があり、ミルク感もある山羊のチーズとともにお口の中でバランスよく溶け合い、幸せな美味しさを生み出してくれます。グーズベリー(西洋スグリ)とエルダーフラワーといえば、イギリス初夏の風物詩。山羊乳チーズシーズンがピークを迎えるタイミングで、イギリスではマーケットにグーズベリーが並び、あちらこちらでエルダーフラワーが咲き乱れています。この季節、エルダーフラワーをたっぷり使ったシロップ(コーディアル)を作り、それを使ってグーズベリーコンポートやグーズベリーエルダーフラワージャムを作るのは、昔ながらの習慣。山羊乳チーズとグーズベリーとエルダーフラワー。まさにイギリスの初夏の美味しさ。先日のチーズ会の際のお約束通り、詳細を簡単にご紹介。

Virtual Cheese Tasting – Zoom イギリスチーズ会

世界が新スタイルで稼働し始め、もはや、Zoomは世界のインフラ?これがNew Norm? ご多分に漏れず、Culture & Culture もZoomチーズ会です。光栄にも、イギリスチーズの日本インポーター、ランマスチーズ専門店様からのご依頼を頂き、イギリスチーズについて2時間のセミナー!スクリーン越しにお目にかかる方々の3分の2以上は日本の方々、3分1弱が在英の方。よくよく見てみると・・・数年前にイギリスでクラスに参加してくださっていた方々、チーズの右も左も知らなかった頃に、チーズとはどんな食べ物なのかを私に教えてくださった、日本のチーズの先生、時に一緒にチーズを学ぶ友人、こっそりとサプライズで参加してくれていた友人、そしてもちろん、イギリスチーズに興味を持ってくださった、初めましての方々。画面越しとはいえ、色々な方々とこうして、国境を越え、時差の壁を越え、イギリスチーズで繋がれたことは嬉しくもあり、不思議な世界でもありました。テクノロジーって凄いですね。でもでも・・・スクリーン越しだと、お伝えしたくても、なかなか伝わらないことも沢山!今回、ご参加してくださった、皆様ありがとうございました!!本当は、皆さんそれぞれとお話ししたかった!それが本音。それは今後のお楽しみですね! スクリーンの向こうはこんな感じです。気分はアナウンサー?? チェダーといえば、イギリス南部をイメージしますが、今回はスコットランド産のチェダーをご紹介。すごく好評だったのが嬉しかったです! 今回、お話しした内容の一部、チーズを使ったお料理のレシピ、こちらにアップしますので、イギリスチーズをたっぷり使って作ってみてくださいね。在英の方、イギリスではブロッコリーは、晩秋からとてもおいしくなりますよ(レシピアクセスは次ページ)。

Blessed are the cheese makers – アルチザンチーズのこれから

“Blessed are the cheese makers”。直訳すれば、「尊敬されるべきは、チーズを作る人たち」。イギリスのアルチザンチーズ業界で、よく言われるフレーズ。1970年代後半からの、チーズ業界ルネッサンス期以降、セットフレーズとしてよく使われる表現で、イギリスではとても深い意味があります。元々の由来は、イギリス文化の一部ともいえる、モンティーパイソン(1970年代にイギリスで一世を風靡したコメディグループ)の映画、ライフ・オブ・ブライアン(Monty Paython – Life of Brian)の中で発せられる一言。ロックダウンから3ヶ月以上が経った、6月末のイギリス。先週の小売業界の再開に続き、今週末からは、いよいよ飲食業界も再開です。アルチザンチーズ業界も、新しい体制で本格的に再起動しつつあります。いわば、イギリスはコロナ禍の一つの節目を迎えており、”Blessed are the cheese makers” のフレーズも、最近、よく耳にします。イギリスのアルチザンチーズ業界に関わる全ての人にとって、これはまさに黄金律。業界全体がこの精神で一致団結し、過去から学び、今を作り、未来へ繋げていこうとする動きには感動すら覚えてしまいます。そんな訳で、6月30日のイギリスでのプチ出来事を一人の外国人として反芻・・・ 6月30日メジャー新聞、The Dairy Telegraph誌の記事。やはり、タイトルは、”Blessed are the cheese makers”。工場製チェダーと農家製チェダーの二つの市場が共存するアメリカとイギリス。この二つの国は、皮肉にもコロナ問題も深刻。この数ヶ月の経済的指数も含めた英米チーズ業界の深い分析。そして、70年代から40数年かけ、チーズメーカーと手を取り合いながら、イギリスアルチザンチーズ業界の発展に貢献してきた、チーズ業界の重鎮、ニールズヤードデイリー (詳細はこちら)の今後に向けた心構えを解説している記事。 6月30日、イギリスのアルチザンチーズ業界全体が集うウェビナー。テーマはずばり、「新しい世界へ向け、アルチザンチーズ業界に関わる人々はどうすべきか?」コロナのおかげ(?)で、バーチャルの世界で人が集まりやすくなったのは事実。パネリストは、400年以上、家族数世代にわたり、連綿と伝統的農家製チェダーを作り続ける農家、イギリスモダンチーズのカリスマ的メーカーさん、チーズジャーナリスト、イギリス北部の農家製チーズの保護に献身的なアルチザンチーズ専門の卸売業者、イギリスを代表する乳製品製造技術コンサルト、そして消費者を対象にチーズ教育の普及に貢献するアカデミーと、そうそうたる顔ぶれ。招待ゲストは、イギリス全土のアルチザンチーズメーカー、チーズ専門店各社、メディア等々。光栄にも今回、Culture & Culture もゲスト招待いただきました。とても勉強になるウェビナーだったのは間違い無いのですが、とても印象深かったのは・・・ 1. ゲスト、パネリストが全員、チーズメーカーさんたちを尊敬し、メーカーではない方々が、自分の立場でメーカーさんたちのために何ができるかということを真剣に考えていること。まさに、”Blessed are the cheese makers “の精神が浸透しています 2. チーズメーカーさん自身も、チーズ専門店等の将来をとても考慮していること。作り手と売り手のはっきりとした役割分担。良いチーズを作るためには、作ることに専念すべきなのか?それとも、メーカさんもチーズを売る努力をしていかなければならないのか?生産するチーズスタイルの種類を増やすべきなのか?熱い議論でしたが、互いに対する敬意と、それぞれの専門に対する自尊心からくる、業界全体のチーム体制作りの精神に感動 3. チーズという食べ物がイギリスという国で、何を意味するのか?なぜ保護していくことが大切なのか?それを消費者にしっかり伝えることはとても重要であること。イギリスは戦後の影響でこれが非常に弱かったのです。コロナ禍の数ヶ月で、この分野が一気に発達し始めています。私自身、ちょうど8年前に東京からイギリスへ移住した際、当然のようにチーズについてさらに深く体系的に学ぶことができる場を探しました。当時、そんな組織は皆無で、ニールズヤードデイリーの単発のテイスティングクラスに足繁く通いつめた時期をふと懐かしく思い出しました。今、まさに、イギリスのチーズ史が大きく動こうとしているのを感じ、ちょっとワクワクもするのです ←これ、5年前に、半分冗談でクリスマスプレゼントに頂いたもの。サイズがとても大きく、しばらくは部屋着になっていましたが、最近、このTシャツ、何だか重みがあります・・・