Events

Blessed are the cheese makers – アルチザンチーズのこれから

“Blessed are the cheese makers”。直訳すれば、「尊敬されるべきは、チーズを作る人たち」。イギリスのアルチザンチーズ業界で、よく言われるフレーズ。1970年代後半からの、チーズ業界ルネッサンス期以降、セットフレーズとしてよく使われる表現で、イギリスではとても深い意味があります。元々の由来は、イギリス文化の一部ともいえる、モンティーパイソン(1970年代にイギリスで一世を風靡したコメディグループ)の映画、ライフ・オブ・ブライアン(Monty Paython – Life of Brian)の中で発せられる一言。ロックダウンから3ヶ月以上が経った、6月末のイギリス。先週の小売業界の再開に続き、今週末からは、いよいよ飲食業界も再開です。アルチザンチーズ業界も、新しい体制で本格的に再起動しつつあります。いわば、イギリスはコロナ禍の一つの節目を迎えており、”Blessed are the cheese makers” のフレーズも、最近、よく耳にします。イギリスのアルチザンチーズ業界に関わる全ての人にとって、これはまさに黄金律。業界全体がこの精神で一致団結し、過去から学び、今を作り、未来へ繋げていこうとする動きには感動すら覚えてしまいます。そんな訳で、6月30日のイギリスでのプチ出来事を一人の外国人として反芻・・・ 6月30日メジャー新聞、The Dairy Telegraph誌の記事。やはり、タイトルは、”Blessed are the cheese makers”。工場製チェダーと農家製チェダーの二つの市場が共存するアメリカとイギリス。この二つの国は、皮肉にもコロナ問題も深刻。この数ヶ月の経済的指数も含めた英米チーズ業界の深い分析。そして、70年代から40数年かけ、チーズメーカーと手を取り合いながら、イギリスアルチザンチーズ業界の発展に貢献してきた、チーズ業界の重鎮、ニールズヤードデイリー (詳細はこちら)の今後に向けた心構えを解説している記事。 6月30日、イギリスのアルチザンチーズ業界全体が集うウェビナー。テーマはずばり、「新しい世界へ向け、アルチザンチーズ業界に関わる人々はどうすべきか?」コロナのおかげ(?)で、バーチャルの世界で人が集まりやすくなったのは事実。パネリストは、400年以上、家族数世代にわたり、連綿と伝統的農家製チェダーを作り続ける農家、イギリスモダンチーズのカリスマ的メーカーさん、チーズジャーナリスト、イギリス北部の農家製チーズの保護に献身的なアルチザンチーズ専門の卸売業者、イギリスを代表する乳製品製造技術コンサルト、そして消費者を対象にチーズ教育の普及に貢献するアカデミーと、そうそうたる顔ぶれ。招待ゲストは、イギリス全土のアルチザンチーズメーカー、チーズ専門店各社、メディア等々。光栄にも今回、Culture & Culture もゲスト招待いただきました。とても勉強になるウェビナーだったのは間違い無いのですが、とても印象深かったのは・・・ 1. ゲスト、パネリストが全員、チーズメーカーさんたちを尊敬し、メーカーではない方々が、自分の立場でメーカーさんたちのために何ができるかということを真剣に考えていること。まさに、”Blessed are the cheese makers “の精神が浸透しています 2. チーズメーカーさん自身も、チーズ専門店等の将来をとても考慮していること。作り手と売り手のはっきりとした役割分担。良いチーズを作るためには、作ることに専念すべきなのか?それとも、メーカさんもチーズを売る努力をしていかなければならないのか?生産するチーズスタイルの種類を増やすべきなのか?熱い議論でしたが、互いに対する敬意と、それぞれの専門に対する自尊心からくる、業界全体のチーム体制作りの精神に感動 3. チーズという食べ物がイギリスという国で、何を意味するのか?なぜ保護していくことが大切なのか?それを消費者にしっかり伝えることはとても重要であること。イギリスは戦後の影響でこれが非常に弱かったのです。コロナ禍の数ヶ月で、この分野が一気に発達し始めています。私自身、ちょうど8年前に東京からイギリスへ移住した際、当然のようにチーズについてさらに深く体系的に学ぶことができる場を探しました。当時、そんな組織は皆無で、ニールズヤードデイリーの単発のテイスティングクラスに足繁く通いつめた時期をふと懐かしく思い出しました。今、まさに、イギリスのチーズ史が大きく動こうとしているのを感じ、ちょっとワクワクもするのです ←これ、5年前に、半分冗談でクリスマスプレゼントに頂いたもの。サイズがとても大きく、しばらくは部屋着になっていましたが、最近、このTシャツ、何だか重みがあります・・・

プライベートイベント

バースデープレゼント、クリスマスプレゼント、記念日プレゼントに、物ではなく楽しい経験を。 お友達と一緒に、こじんまりと楽しくチーズやイギリス、ヨーロッパの食文化について学ぶ楽しい時間。 お友達や気心の知れた仲間とチーズをテイスティングしながら、おしゃべりしたい。季節のチーズ、最高の状態の極上チーズとワインをお友達や家族と一緒にじっくり味わいたい。カスタムメイドのチーズパーティー。自分の都合がつく日に、極少人数でチーズについて学びたい。そんなご要望にお応えするプライベートイベント。お友達や家族だけのプライベートなチーズタイムを提案します。楽しい時間から、チーズについて学ぶ時間まで。内容は人それぞれ。ご自宅をはじめ、ご指定の場所へ出張対応いたします。4月下旬より土曜日、承ります。最大参加者数は8名様まで。 ご希望に合わせ、様々なスタイルで企画、ご提案いたします。まずは、こちらよりお気軽にお問い合わせください。英語や日本語と英語のバイリンガルでの対応も可能です。  

コーポレートイベント

Culture & Culture のベースコンセプトは、「チーズでイギリス/ヨーロッパ生活をさらに楽しく!」。コーポレートサービスでもそれは同じです。新しいスタイルのパーティー、親睦会、クライアント様のおもてなし、さらには従業員ベネフィットとしてのセミナーなど、様々な形にカスタムメイドできる「コーポレートイベント」美味しく奥深いチーズの世界を楽しく探求しながら、同僚やビジネスパートナーさらにはクライアント様と親睦を深めてみませんか? 例えば…… – 通常のビジネスディナーやレストランでの接待の代わりに、特定のテーマをもとにチーズテイスティングやワインなどのペアリングをゲーム感覚で楽しむスタイル。ナビゲーターがイベントを進めていきます。チーズやワインをもとに、参加者の皆様同士の親睦が自然と深まるスタイル – オフィスパーティーでのチーズのサービス。ホスト側が日系企業様であれば、英国人のお客様のために、各チーズと相性の良い日本酒のご紹介もできます。パーティー会場の一角で、チーズやチーズと飲み物のペアリング理論などを適宜、お客様へ解説いたします。 – いつもはビジネス会議の場……。たまには仕事後、そのまま職場で気心の知れた仕事仲間の皆さんと、習い事感覚で、チーズやワインについて楽しく少しずつ見識を深めてみませんか?得た知識をイギリスでの日常に活かしながら、日々の楽しみを広げていくことができます。レクチャースタイルでの真剣なテイスティング、チーズと飲み物のペアリングの仕方、チーズをベースにイギリスチーズとフランスチーズの食べ比べなど、内容は皆様のご希望次第。臨機応変に対応いたします。   – 英国、チーズ資格認定機関であるAcademy of Cheese のカリキュラムに沿ったLevel 1 コース。終業後、そのままオフィスで受講できるよう、出張講義いたします(最少催行人数6名)。Academy of Cheese Level 1 コースは、こちら。 ご予算、その他に合わせ様々なスタイルで企画、ご提案いたします。まずは、こちらよりお気軽にお問い合わせください。英語や日本語と英語のバイリンガルでの対応も可能です。                

Long time no blog post…

ブログ・・・なんと、3年振り!!すっかり、放置状態。久しぶりに・・・ 2019年11月30日午後2時頃・・・再び、ロンドン橋でのテロ事件。 Academy of Cheese Level 1 受講生の皆さんとともに、バラ・マーケットへ行き、ロンドンならではのクリスマスチーズシーンを楽しんでいた矢先の出来事。まずは、皆さんが無事で本当に良かった・・・ そして、今回、犠牲になってしまわれた方々のことを思うと、正直、言葉もありません・・・ただただ、亡くなった方のご冥福をお祈りしたいと思います。きっと、今回の事件は将来に活かされるはず!そう信じたいです。 当日のこと、今回、受講してくださっていた、素敵な料理研究家(しかも、お野菜専門!!)の國行志保さんが書いてくださっていたので、ぜひ、読んでみてくださいね(←私、手抜き??) こちらから。http://riokikki.blog.fc2.com 今回のテロ事件。遭遇、体験し、実感したこと。イギリスのテロ対策は素晴らしい!一番近くのバーに駆け込むことになったのですが、バーのスタッフは、当然のように逃げてくる群衆を冷静に奥へ誘導・・・表側は、ガラス張りですし。きっと銃弾が飛んできたときのため??気づけば、私たちはみんな一緒に、バーのトイレにこもっている状態。バーのスタッフの対応に、みんなトレーニングをしっかり受けていることがすぐに感じ取れ、安心できました。特に、2年前にもっと惨殺なテロ事件が同じ場所で起きていることもあり・・・たった数分でバラ・マーケットは、機関銃を持った警察官に包囲されていました。正直、だからこそ安心できます。イギリスの不思議な力を感じました。一般人もテロ慣れしているから沈着冷静。たまたま、翌々日、私は、とあることのトレーニングのため、再び、ニールズヤードデイリーで1日を過ごしました。もちろん、トレーニングの中で、テロ対策の話もありました。ニールズヤードデイリーのスタッフは、警察の指示で、クリスマス商戦のために入荷したばかりのこの大量のチーズたち(志保さんのブログの写真、参照くださいね)を放置したまま(金額にすると一体いくらくらいの財産になるのだろうか・・・???)、避難しなければならず、お店に戻れたのは午後8時過ぎだったとのこと。半武装警察に包囲されている状態だから、まさか泥棒はないでしょうが、寒い日で良かった!!金曜の夜遅くチーズの手入れをしながら、翌日、土曜日の早朝からの営業に備えた方々のことを思うと、頭が下がります。多くの方々の金曜日の夜の時間が奪われているのです。イギリスは本当に、テロ慣れしている国。場に遭遇し、建物内に避難したら、ガラス窓から離れ、ガラス窓より低めに身を屈めること。初めて学びました。日本では、揺れを感じたらテーブルの下!!きっとそれと同じなんですね。実は、トレーニングでチーズ熟成庫で過ごしていた時間・・・今、地震が起きたら一瞬でこのチーズたちがダメになるだけでなく、私も潰されちゃうなぁと日本人らしい本能が働いてしまいました(苦笑)。イギリスは地震はないお国ですが・・・!