Kanako Mathys

Quince Membrillo Marmelada or Kaseita – クインス古今東西

10月、イギリスは大学の新年度が始まる月。ワクワクした大学新入生たち。そして想定内のコロナ第二波。すでに地域によっては完全ロックダウン。ロックダウンとまではいかなくても、国全体、かなりの制限付き生活。就学児童を抱えるご家庭は、10月ハーフターム中のおうちアクティビティに頭を捻ることになりそうです。というわけで、おこもり生活のアクティビティの一案になればとも思い、今回は10月に旬を迎えるクインス(日本でいうマルメロまたは西洋かりん)のお話。活用法(つまりレシピ)、大人にもちょっと嬉しい食文化伝播のお話などなど(次ページへ)。チェダーチーズや、羊乳のハードチーズ、さらにはブルーチーズと相性が良いことから、チーズ専門店なら絶対に取り扱っているクインスゼリーやペースト。陳列されたチーズの横にひっそりと置いてある、オレンジ色の羊羹のようなもの。それがクインスペーストまたはクインスジャムです(日本では「メンブリージョ」)。保存食と言う意味で、イギリスではクインスチーズと呼ばれることもあります。「チーズ」という言葉に保存食というニュアンスがあるためだとか・・・スーパーのチーズカウンターにも置いてあることも多々。クインスはワインと同じくコーカサス地方(黒海とカスピ海に挟まれた地域)を発祥とし、地中海を経由し、西はヨーロッパ、そして東にも広がり、日本へは16世紀に、ポルトガルから九州の長崎へ伝わったそうです。つまり、スペイン、ポルトガルが強国だった大航海時代。マルメロは、鉄砲と一緒に日本へやってきたの?と思ってしまいますよね。

Cheese Dishes – Lost in Translation / アンティーク チーズディッシュから垣間見えるイギリスの歴史

イギリスをはじめヨーロッパで暮らす楽しみの一つ、アンティーク 。ロンドンだけでなく、地方の町、村には必ずといっていいほど、アンティークショップがあります。もちろん、アンティークのマーケットも各地で定期的に開かれています。我が家のご近所にも割と大きめのアンティークセンターがあり(といっても、イギリス田舎暮らしなので、車で5分以内であれば、ご近所と勝手に定義付けています)。息抜きでふらりと立ち寄ることもしばしば。頭がちょっと昔へタイムスリップできる空間なので、心の休憩にもなります。カフェもありますし。こういったところで、必ずといっていいほど見かけるのが現代語で言えば、”Cheese Dome – チーズドーム” 、ちょっと昔の伝統的な言葉であれば、”Cheese Dish – チーズ皿”。ということで、チーズグッズから見えるヨーロッパの歴史とちょっとしたチーズ史のお話。

English Plums & Apples – What is Chutney? / チャツネとは?作り方、そしてそこから見えるヨーロッパ史

イギリス田舎暮らしも、丸8年。本当は(!!?)おいしいイギリスを楽しむ(努力をする!)ライフも随分と板についてきた気がします。イギリスで暮らし始めて、すぐに気づくことといえば・・・お野菜やフルーツの味わいの力強さ。そして、その豊さ。リンゴを筆頭に、晩夏、初秋に旬を迎える土着モノは本当に多く、イギリスの地方では、来るべき暗黒の秋冬に備えるべく、この自然の豊さをジャムやチャツネという形で保存食にする習慣があります。イギリスには土着のリンゴの種類は200種ほどあると推測され、プラム系の種類も多々。イギリスチーズといえば、チャツネということで、この季節、当然のようにチャツネを作っていますが、今回はたまたまその様子をSNSのストーリーに上げたら、いろんなお問い合わせをいただきました。コロナ禍で、皆さん、ソーシャルメディア、よくチェックしているのかな?イギリスではチーズ専門店、スーパーなどで必ず見かけるチャツネ。そういえば、数年前に東京でチャツネ作りのクラスもやった記憶が・・・日本の皆さん、意外とチャツネに興味あり?というわけで、イギリスの秋の味覚とチャツネ、そしてそこから垣間見えるヨーロッパの歴史・・・さらにレシピまでまとめて解説!

Summer Cheese Arrangement – ヒートウェーブがやってくる

8月に入り、ちょっと気温低めのイギリスですが、数日後、週末に合わせたかのように、次のヒートウェーブがやってきそうな気配。どうやら、今年の夏のヒートウェーブはプチバージョンがチラリ、チラリ。せっかくの夏日。シンプルに涼しく、美味しく、ヘルシーに!夏向けチーズアレンジ、次ページにまとめてみました。気温が下がっている今は想像しにくいですが、暑い週末になりそうです。これが最後のイングリッシュサマーかも??100%楽しみたいですね。

Bordeaux after Lockdown – ロックダウン後のフランスボルドー:コロナと共に生きる

やっと、フランスとイギリスの間の行き来も当面は自由に!その公式発表があったのは、予約していたフランスボルドー行き航空チケット搭乗予定日6日前。行くべきかどうか?悩みに悩んだ末、予定通り、フランスボルドー地方で丸1週間、過ごしてきました。実は、昨年も同じ時期にこの地域で過ごしました。なぜまた、こんなご時世にわざわざ同じ地域へ?理由を簡潔にまとめれば・・・ フランスでもトップのワイン生産地ゆえ、この地を原産とするチーズは皆無(これはフランスでは本当に稀)。ご当地チーズがあるとどうしても、気持ちはチーズへ向いてしまう性分なので、バケーションという意味では理想の目的地 12〜15世紀はイングランド支配だった名残(??)と、ワイン貿易が経済の中心であるため、英語が通じやすく、フランス語が全くダメな人間にとってはリラックス度が高い この時期は、確実に暑く、太陽が眩しい。ビーチもあり、日本レベルの暑い夏を楽しむことができる上、朝夕は確実に涼しく過ごしやすい ボルドーワインといえば、フランスでも生産量はトップ。現地へ行けば、見渡す限り、葡萄畑。雄大でシンプルな景色は一日眺めていても飽きることなく、自然の恵みに心の底から感謝したくなる。心の洗濯には理想的な環境 フランス語カタコトのイギリス人(つまり我夫 )、中学1年生の娘、小学4年生の息子とフランス語ゼロの日本人女性のロックダウン解除直後のフランスボルドー滞在。日本に簡単には帰省できない今、ヨーロッパ旅行へ出るべきかどうか悩んでいる在英日本人の皆様の参考になれば幸いです。この異常な世界状況の中で、ヨーロッパ旅行をお勧めするためのものでは決してありません。あくまでも参考までに。詳細次ページ。