Cheese Dish

Perilla Shiso & Cheese – Summer Cheese Dish with a Japanese Twist

6月末、イギリス、ヒートウェーブ第一波。30℃越えが数日続いております。日本の夏に比べると、30℃くらいで!と思いたくなるのですが、まだまだ一般家庭にエアコンは普及していないのです。この気温がずっと続くわけでもないので、ヒートウェーブが来ているときは、ただひたすら耐えるのみ!こんな時においしいのがさっぱりフレッシュチーズ。そして活躍するハーブはといえば、日本人の魂ともいえる紫蘇!海外生活が長くなってくると、日本人のほとんどの方々が自家栽培に走るくらいに、日本人にとっては大切な葉っぱ。和食材全般が流行っているイギリスでは、近年、紫蘇の種どころか、苗までもネットで購入できてしまいます。密かに、紫蘇とフレッシュチーズって相性が良いなぁと思いながら、イギリスの田舎で数年過ごしてきました。そして、去年の5月に日本へ帰省した際、お邪魔させていただいた、由布院工房さんで出会ったチーズが上の写真(↑)なっち!!由布院チーズ工房さんのチーズラインナップはこちら。なっちに出会った時の、感動は去年のインスタポストへ → こちら。今回はチーズを和風に紫蘇ベースでアレンジしたものいくつかをご紹介。単純に過去の写真から色々と抜粋しただけですが、皆さんのイギリスの夏の楽しみの参考になると嬉しいです。

English Strawberry & Dairy – イギリス苺と乳製品

本日は夏至。イギリス生活も長くなってくると、夏至ってとても大切な、特別な日。今日は日が最も長い日。つまり、明日から、暗黒(!!?)の冬へと向かって、日は短くなっていくのです。ロックダウンもどんどん緩和されてきた今日この頃、一番明るい6月を満喫せねば!という気持ちがいつにも増して強いような気がします。イギリスの6月といえば、通常であればウィンブルドン(コロナ禍でまさかの中止!)。ウィンブルドンといえば、イチゴ!6月はイチゴシーズンのピーク。そう、イギリスはイチゴがとても美味しいお国。イチゴに限らず、イギリスは様々なベリー系フルーツがとても豊富なお国柄。イチゴに続き、グーズベリー(スグリ)、カラント系、ラズベリー、ブラックベリー。これらがマーケットを賑わせてくれます。今回は、イチゴと乳製品について。アスパラガスシリーズに続き(お料理アイディはこちら)、イチゴとチーズ!といきたいところですが、イチゴはバターやクリーム系とは相性抜群なのですが、熟成チーズとはなかなか難しいのです。クリーム添加スタイルの熟成チーズ、ブリアサヴァランやデリスドブルゴーニュなどとイチゴ、そしてスパークリングワインの組み合わせは幸せな時間を生み出してくれますよ。昨今のイギリス産スパークリングワインの質はすでにご周知の通り。今回は、イギリス田舎で暮らす日本人とイチゴと乳製品の関係についてご紹介。6月のイギリス生活を楽しむヒントになれば嬉しいです。

Clothbound Cheddar and Asparagus Flan (ENG)

日本語はこちら。 During the peak of lockdown in the UK, we enjoyed the high season of British green asparagus. Since asparagus has an affinity with cheese, we collected some lovely “asparagus and cheese” dish ideas from the food / cheese loving Japanese community in the UK (a few of them are Associates of AoC). See here …

Clothbound Cheddar and Asparagus Flan (ENG) Read More »

Cheese and Asparagus Flan

Click here for English texts. イギリス、ロックダウン真最中に訪れた、アスパラガスシーズン。隔離生活を送っている皆様の楽しい気晴らし、そして何よりもイギリスのアスパラガスは美味しい!をプロモートしようと、チーズ好き、お料理好きの在英日本人の皆様から、アスパラガスとチーズの美味しそうなお料理アイディアをお寄せいただきました(詳細はこちら)。アスパラガスとチーズの相性の良さは、ご周知の通り。チーズをはじめとする乳製品の質が高いイギリスの伝統料理には、スコーンはもちろん、パイ、フラン、タルトなどチーズやバター、クリームを活かしたものがたくさん。今回、イギリス伝統料理の一つであるフラン(セイボリータルト、フランスでいえばキッシュ?)のチーズ&アスパラガス版の作り方を分かりやすく動画付きで、解説してみました(次ページへ)。美味しさの秘密はなんといっても上質なチェダー、バター、クリーム、そして力強い味わいの旬のイギリスアスパラガスの新鮮さ。伝統的なイギリス料理は素朴なものが多く、それだけに素材の質は大事。イギリスだけでなく、ヨーロッパチーズ料理の基本のペイストリー(フラン、タルト、パイなどの生地)、ぜひぜひ、手作りにもチャレンジ!タルト系お料理はベジタリン率も高いイギリス人お客様のランチおもてなしの際、知っておくととても便利な一品。パーティーフードにも!どうしても生地の手作りまでは・・・という方は、もちろんスーパー等で、Short Crust Pastry をご購入くださいね!イギリス、Pastry (いわゆるパイ生地は色々な種類があるのでご注意!)詳しいレシピ解説は次ページへ・・・→ 英語バージョンはこちら。

British Asparagus & Cheese

Thanks to the Covid-19 Crisis, everyone is now cooking at home. We collected 12 asparagus and cheese dishes created by cheese-loving Japanese residents in the UK to celebrate the wonderful flavour of British Green Asparagus. We all know Asparagus and Cheese are a great combination! ロックダウンライフ真っ最中に旬を迎えたイギリスアスパラガス。チーズと相性が抜群のお野菜!地方で暮らしていれば、アスパラガス狩りだってできてしまいます。 毎日、三度の食事は全て自宅。せっかくだから、素晴らしく美味しい旬のイギリスアスパラガスを最大限に楽しみたい!ということで、在英のチーズ好きな日本人(デフォルトでお料理が上手な国民性)の皆様のアスパラガスとチーズを使った、ユニークなお料理12品を集めてみました。以下、一挙公開。まだまだ、スーパーなどはアスパラガスが沢山。シンプルなものから、手の込んだものまで、色々。参考にしてくださいね。イギリスは美味しいのです!! Simply sauté with olive oil and season some …

British Asparagus & Cheese Read More »